鳥取大学

image1

 

【教育実践部門】

  • 附属学校部(幼稚園・小学校・中学校・特別支援学校)と連携し、授業づくりや教材開発を通じて、子どもたちへの効果的な学習支援の在り方について研究しています。
  • 豊かな学びを創造するために必要な教師の学びとはなにかという観点から、「教師の学びを支援する環境づくり」について研究を行っています。

【認知脳科学部門】

  • 心理学、医学、脳科学、工学などさまざまな学問分野の協働により、子どもの発達および学習のメカニズムを解明するための基礎的研究に取り組んでいます。

【発達コホート研究】

  • 附属小学校・中学校と連携し、学童期(小学3~5年生)および思春期(小学6~中学2年生)を対象としたコホート研究データ(質問紙や心理検査など)を蓄積し、その解析から発達・学習過程における質的転換期の特性を検討しています。

【LD等専門教員研修】

  • 鳥取県教育委員会との連携により、学習障害等に関する専門研修プログラムを企画・運営しています。

社会貢献活動

  • 地域における講演会/公開講座/出張授業の開催(一般向け/支援者向け)
  • 各種シンポジウムの開催(専門家向け)
  • 鳥取市の全小学校における,T方式による平仮名音読支援の評価と指導への協力
  • 教育委員会・学校と連携した各種プロジェクトの実施

鳥取大学地域学部付属 子どもの発達・学習研究センター